「妊娠線専用のクリームを塗っていたのに、妊娠線ができてしまった!」とか

「普通のボディクリームを塗っていただけだったけど、妊娠線ができなかった♪」

とかいろんな情報があって、一体どっちが本当なのと思いませんか?

  • 妊娠線が出来やすい体質ってあるの?
  • 妊娠線ができるのはいつから?できやすい時期は?

ということについて書いていきます。

スポンサーリンク

妊娠線は出来やすい人とできにくい人がいます

思春期に、ニキビのケアを一生懸命やっても、なかなかニキビがなくならない人がいれば、洗顔料も使わずただ水で顔を洗っているだけなのに「つるつるたまご肌」の人がいましたよね。

それと同じように、妊娠線の「できやすさ・できにくさ」も人によって違いがあります。

市販のボティクリームを気が向いたときに塗っただけ妊娠線ができなかった人もいれば、妊娠線専用のクリームで保湿をしっかりしていたのに妊娠線が出来てしまう人もいます。

関連記事:妊娠線の原因と予防方法。保湿以外に気を付ける3つのこと

妊娠線が出来やすい人

2人目以降の妊娠

経産婦さんのほうが、初産婦さんよりも妊娠線ができやすくないます。

意外じゃないですか?私は、これを知った時に驚きました。

どうして2人目以降の妊娠の方が妊娠線が出来やすいかというと、経産婦さんの場合は、一人目の妊娠・出産の際に子宮が伸びているので、お腹が急激に伸びやすくなるからです。

また、二人目の子供ということで、上のお子さんのお世話でなかなか自分の時間が取りにくく、一人目の出産のときのように、スキンケアにかける時間がなかなか取れなかったということもあるようです。

一人目の出産時に妊娠線ができなくて、「一人目で妊娠線ができなかったから自分は大丈夫」と思ういから、保湿ケアがおろそかになるケースもあります。

多産児(双子、三つ子など)

双子ちゃん三つ子ちゃんなどの場合は、当然ながら普通の妊婦さんよりもお腹が大きくなりやすいです。

お腹が大きくなると皮膚に強い力がかかるので、亀裂が生じやすく妊娠線ができやすくなります。

大きな赤ちゃん

おなかの中の赤ちゃんが大きい場合も妊娠線ができやすくなります

※ちなみに私の場合は、第一子の出産体重が3,800グラム!デカすぎ!

小柄な人

小柄な人でも大柄の人でも、赤ちゃんの大きさはそれほど変わりません。

そうなると小柄な人の方がお腹の皮膚が伸びる割合も多く、妊娠線ができやすくなります。

年齢が高め

若い人の方が年齢が高い人に比べて皮膚の弾力性や柔軟性が多くあります。なので若い人の方が妊娠線ができにくく、年齢が高い人の方が妊娠線が出来やすい傾向があります。

妊娠線ができやすい体質の人

乾燥肌

妊娠線の予防には保湿が大事!

乾燥肌の人は、角質の水分含有量が低下しています。水分含有量が低下すると皮膚の柔軟性も低くなります。だから、「妊娠線予防には保湿!保湿!」って言われるんですね。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の人は水を挟み込み保水する役割があるセラミドが、通常の人の3分の1の量ということも分かっています。また、肌もとても乾燥しているので、乾燥肌の人と同じく、妊娠線が出来やすい肌質になります。

太りやすい人

妊娠中は太りやすい時期です。太ると体のあちこちに皮下脂肪が付きます。皮下脂肪は伸縮性がないので、皮膚の伸びに皮下脂肪が追いつけず、結果的に裂けてしまい妊娠線ができます。

皮膚の伸縮性がある

皮膚の伸びに神秘や光組織が対応できず亀裂が入って妊娠性になります。皮膚があまり伸びないタイプの人は妊娠線ができやすくなります。

一般的な保湿剤は皮膚の表面でやる表皮の部分にしか働きかけないので、神秘や光組織まで潤いを与える妊娠線専用の予防クリームを選択しできるだけ肌の奥まで成分をよく浸透させて柔軟性のあるお肌にすることができます。

血行が悪い

妊娠中はつわりでなかなか動けなかったり、体がきつくて運動不足になったりで、筋肉量が落ちて血流が悪くなったりします。

妊娠中でも適度な運動はしても大丈夫!(というか、必要です。)

また、シャワーだけで済ますのではなくお風呂に入って血流を良くしましょう!

妊娠線が出来やすい時期

妊娠線は、妊娠6ヶ月頃から出始める傾向にあります。

でも、一番「妊娠線が出来た」という人が多いのは、臨月。このころになると、皮膚が引っ張られて痛く感じるほどです。

最後まで気を抜かずにケアしましょう!

妊娠線ができやい場所

ダントツで下腹部です。下腹部は妊婦さんには見えにくいので「気づいたときには妊娠線が出来ていた」という人も多いです。

私ができた場所も下腹部です。

あとは、太ももの後ろ側、二の腕の裏側なども気づきにくい部分です。

胸に出来る妊婦さんも多いです。私は貧乳なので、胸に妊娠線ができる気配は「全く」ありませんでした。
(-_-;)

妊娠線ができやすい季節

妊娠線は乾燥した肌の方が出来やすいので、冬にお腹が大きくなる妊婦さんの方が、夏にお腹が大きくなる妊婦さんよりも妊娠線ができやすいと言えるでしょう。

まとめ

自分が「妊娠線ができやすい体質」っていうのはちょっと辛いですよね。

私は乾燥肌のアトピー体質なので、妊娠線が出来やすい体質だと知った時は悲しい気持ちになりました。
しかも、出産の時期は1月という、感想しやすい季節…。

もしあなたが「妊娠線ができやすい」場合でもあまりがっかりしないでくださいね。妊娠線予防のクリームを使ってケアすることで、妊娠線を予防できます。

妊娠線が出来やすい体質の人は、妊娠線の原因と予防方法。保湿以外に気を付ける3つのことの記事もおすすめします。

スポンサーリンク