• 妊娠中、肌が痒い。
  • 妊娠線がかゆい

となると、「掻いたらダメ!」って分かっていても書きたくなりますよね。

妊娠中の「肌にかゆみがある」場合に考えられる病名と、

痒みを抑える対策
妊婦さんにも安全の痒みを抑えるローション

などをご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に皮膚がかゆい原因は?

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で体が全体的に敏感になりやすいです。「普通のかゆみとなんか違うような?」と思ったら病院へ行きましょう。

妊娠中の痒みのある病気として、

  • 妊娠性搔痒症(そうようしょう)
  • 妊娠性痒疹(ようしん)
  • PUPPP

の可能性があります。出来るだけ早めに病院に行きましょう。

悪化してから病院に行くと、治りが遅くなることもあります。

妊娠線は掻いたらダメ?増える?

妊娠線が痒く感じる、という妊婦さんも多いようです。妊娠線は、ちょっとぐらいなら掻いても大丈夫。

妊娠線は、急激な皮膚の伸びに真皮や皮下組織の伸びが追い付かず、裂けた状態なので、「掻いたから増える」ということはありません。

関連記事:妊娠線ができる原因と予防方法。保湿以外に気を付けることは?

ですが、皮膚は掻くことで表面に傷がつき、痒みがますますひどくなったり色素沈着がおこったり、ということになります。

でも、掻いたらダメって分かっていても、痒いものは痒いですよね。私はアトピー体質なので、痒さの苦しみ・辛さはよく分かります(>_<)

つぎに、痒い場合の対処法を書いていきます。

1.保湿

まずはなんといっても「保湿」です。

肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下して刺激に敏感になり、痒みを引き起こします。

また、妊娠線のでき始めに「肌がかゆかった」という人もいます。もしかすると、妊娠線のでき始めかもしれません。

妊娠線の予防は「早い時期からの保湿」がポイント。

妊娠線は一度出来てしまうと薄くするのが大変なので、妊娠線専用のクリームで予防する方がはるかに楽です。

乾燥が原因の場合は痒みも軽減されます。

2.シャワーを浴びる

汗をかいいたり体に汚れが付いていると、皮膚のかゆみを引き起こすことがあります。

「汗なんて書いてないけどなー。」と思っていても体からは老廃物が出ているので、それをシャワーです切り流すことで、かゆみが収まる場合もあります。

シャワーの温度が熱すぎると、かゆみをぶり返してしまうので、ぬるい位の温度のシャワーを浴びましょう。

妊娠中だけでなく、子供が「痒い」ってなった場合もシャワーを浴びさせてあげるとちょっと落ち着くことも多いですよ。

3.綿100%の肌着を使う

皮膚に直接触れるものは、刺激が少ない綿100%のものに変えます。

4.ゴムで締め付けない

マタニティウエアって、ウエスト部分がゴムのものって多いですよね。

マタニティーのズボンを履いている場合は、その締め付け部分がかゆみを引き起こしている場合もあります。

できるだけワンピースのようなゆったりした締め付けの少ない服を着るようにしましょう。

5.アルテニーニローション

上の方で、妊婦さんの肌が痒くなる病気として、

  • 妊娠性搔痒症(そうようしょう)
  • 妊娠性痒疹(ようしん)
  • PUPPP

を書きました。

これらの「皮膚が痒い」という症状の方に評判なのがアルテニーニローションです。

アルテニーニローションは「よもぎ」の抽出液を使ったローション。

よもぎは、妊婦さんのかゆみに良いみたいで、

アマゾンの口コミ・レビューを見ると、「え?これって妊娠性痒疹(ようしん)専用?」って思うぐらい、妊娠性痒疹の人のコメントが多いです。

でも、妊娠性痒疹専用ってわけではなく、通常の人もつかえるスキンケアローションです。

番外編・よもぎ茶

同じく、よもぎ茶も痒みを抑えるとして評判がいいですよ。

妊娠性痒疹の妊婦さんは、このアルテニーニローションとよもぎ茶で乗り切っている人が多いようです。

まとめ

妊娠中に皮膚がかゆい、妊娠線がかゆい、という場合は、

  1. 保湿
  2. シャワー
  3. 綿の肌着
  4. 締め付けない服装
  5. アルテニーニローション
  6. よもぎ茶

などを試してみてくださいね。

ご紹介したアルテニーニローションは、スキンケアローションなので肌にはいいんですが、妊娠線を予防するためのローションではないので、痒みが治まったら妊娠線専用のクリームでケアをして妊娠線予防していきましょう。

スポンサーリンク