最近は、長男が英語学習をがんばって継続中。効果のほどはまだ分かりませんが、毎日30分、ビーゴという英語ソフトを取り組んでいます。

ですが、長男は発音がいま一つ。

先日も、here の発音が ヒア― というより フェアー と発音していました。

発音を指摘すると、とたんにやる気がなくなるので、基本的に変な発音も静観しているのですが、全く改善される様子がないので教えました。案の定、ご機嫌斜め。

どうにか機嫌よく、英語の発音も良くする方法はないかな?と思い、フリーアカデミーというサイトの動画を使って一緒に発音したところ、嫌がることなく発音していました。

スポンサーリンク

フリージュニアアカデミーのサイト

フリージュニアアカデミー

トップページはこんな感じです。メニューの「子供フォニックス」をクリックしてください。

 すると、このページに移動します。

お好きなメニューをクリックします。

例えば、「アルファベットの読み方」をクリックすると、下の画像のようになります。

このサイトでは、「解説とエクササイズ」「エクササイズのみ」と分かれているので、解説はもう必要なくて、練習だけしたい時なども便利です。

子供フォニックス_01

解説の動画を切り取りました。舌のイラストと、口のアップ動画があるので、子供にも分かり易いです。

 解説の後、いくつか単語が出てきて練習できます。

残念なのは、単語を一回しか言わないないこと。2回リピートしてくれると、1回目は聞いて、2回目は真似してって出来るんですが、1回しか言わないのでそれが出来ません。

さらに、単語のイラストや日本語がないことも残念です。しかし、単語のイラストや日本語がない方が、もしかすると、単語の綴りに集中できていいのかもしれません。

単語を1度しか言わないため、長男はいきなり見ても発音が出来ません。なので、初めに一時停止しながらすべての単語の発音を練習した後に、リズムに乗って言わせています。2回リピートしてくれれば、最高なんですけどねー。

動画はこちらです。th の発音を載せました。こちらは math などの濁らない th の発音ですが、 the that などの濁る方のバージョンもあります。

さらにステップアップしたい人は

今ご紹介したのは小学生向けのフォニックスですが、このサイトには中高生向けのフォニックスもあり、さらに詳しくフォニックスが学べます。

英語を勉強できる動画は沢山あるので、子供の弱点や強化したい

スポンサーリンク