2018年から、英語の義務教育も小学生からになることが決定しましたね。

関連記事:2018年から英語の授業が変わる!早めに対策を考えよう

小学校3年生と、幼稚園年長の二人の息子に、英語教育を「安く」行う為に試行錯誤中の我が家です。

オンラインの英会話レッスンを始めることに決めたので、そのテキストを注文しました。テキストは、オクスフォード出版が出している、Let’s GO というもので、レベルが「Begin、1~6」とあり、全部で7段階あります。

Beginは、幼児向けでかなり簡単な内容らしいので、小学生だとLet’s GO1からのスタートが良いと思います。

スポンサーリンク

テキスト「Let’s GO」のレベルと英検のレベルの比較

我が家は、「小学校卒業までに英検3級」を目標としているので、Let’s GOをどのレベルまで進めばいいのかを調べました。

  • Let’s GO1:英検ジュニア・ブロンズ
  • Let’s GO2:英検ジュニア・シルバー
  • Let’s GO3:英検ジュニア・ゴールド
  • Let’s GO4:英検5級
  • Let’s GO5:英検4級(※)
  • Let’s GO6:英検3級(※)

となるようです。

※サイトによっては、Let’s GO5,6が英検4級程度、というものもありましたので、そのあたりは曖昧です。

また、英検を受ける場合は、英検5級レベルの簡単なものでも「英検用の勉強」として過去問を解くなどは必要になります。あくまで「目安」です。

親子英語におすすめ・オクスフォード出版の「Let’s go 」

子供に英語を教えたいと思い、本屋さんでたくさんの本を立ち読みしたんですが、このレッツゴーのテキストは見ていなかったんです。というのも、私がよく行く本屋さんには、洋書の扱いが少なくて置いてないんですよね。レッツゴーというテキストの存在自体もしりませんでしたし。

あるブログにて、子供に小学生から英語を教え始めた人がいて、その方がこのレッツゴーを絶賛していました。

アマゾンで注文して届いたんですが、確かにいい!

なにがいいのかというと、日本語なしなのにとても分かり易いんです。そして、一度出てきた単語が繰り返し出てくるので、定着しやすそうです。

また、付属のCDがついているんですが、チャンツや歌が入っていて、かけ流しにもぴったりです。

英語の歌は、you tube にもたくさんありますし、英語の本にも付属でよく付いていたりしますが、マネして言うのが難しい歌も多いです。

その点、Let’s GO 1 のCDはゆっくりので、とてもマネしやすく一緒に歌いやすいです。

更に、フォニックスも組み込んであるので、別にフォニックスを勉強しなくてもある程度は分かりそうです。(※Let’s GOのフォニックスのテキストも1~3まで出ているので、そちらも良さそうです。)

私が買ったのは、4th edition です。 4th editionからフォニックスが入っていると、何かの情報で読みました。

ここが残念

CDには、テキスト文の全てが収録されているわけではありません。もし、全部の英語の音が欲しければ、ティーチャー用のCDを用意しないといけないみたいです。

私は、出来れば全部の音が欲しいと思いますが、わざわざ買うほどではないかなーという感じですね。

まとめ

小学校低学年ぐらいまでの子供が英語をスタートするなら、Let’s GOのテキストがおすすめです。

ただ、難点は子供が1人でやるのは難しく、誰か(親など)が教えていく必要があります。その点、ビーゴ(今はない英語のソフト。我が家使用。)とか、ベネッセのチャレンジイングリッシュのようなものだと、子供1人で学習できるので楽なんですけどねー。

Let’s GOのおすすめポイントは、

  • 日本語がないのに、分かり易い
  • フォニックスも入っている
  • CDも良くできている

となります。

スポンサーリンク