うちの長男(小学3年生)は、漢字は苦手です。

まず、「字を書くこと」が下手なんですよね。鉛筆の握り方も、なかなか癖が直りません。

注意したいところですが、鉛筆の持ち方についてダメ出しをして、何度も泣かれた経験があるので、あまり言わないようにしています。(なので全然改善されません…。)

長男が1年生の頃、通信教育の「ドラゼミ」をとっていたんですが、ドラゼミは教科書準拠ではないので、まだ習っていない漢字が出てきます。習っていない漢字は数回書いたぐらいでは覚えきれないので、ドラゼミの漢字問題には苦戦していました。ドラゼミを続けなかった一番の理由は「漢字が難しいから」です。

ある方のブログで、「漢字は早めに教えていた方がいい」と書いていたものを読んだので、本当ならそのようにしたかったのですが、長男にそれをやるのは辞めました。とりあえず、学校で習った漢字がきちんと書ければそれでよし!としています。(ですが、すぐ忘れていきます。)

スポンサーリンク

学校の宿題に物申す

長男の通う小学校は、わりと漢字の宿題が出ます。この漢字の宿題が、私は嫌いです。

長男の学校では、漢字ノート1ページ分の漢字が書いたお手本プリントを、新しい漢字を習うたびに貰います。で、そのお手本プリントを、毎日ノートに写して練習します。10日間ぐらいは、同じ漢字のお手本プリントを移すことになります。時間にすると、20分ぐらいはかかる宿題です。

時々は過去のお手本プリントを写すようにしてくれればまだいいんだけど、常に「一番新しいお手本プリントだけ」が宿題として出されます。

こうなると、単なる「作業」だよね、というような宿題です。

1年生の漢字を含めて、今までに習った漢字の問題プリントなども出してくれたらいいんですけど、そういうものはありません。

学校の先生も、宿題をチェックしないといけないから、チェックも簡単にできる宿題を…となるんでしょうか?プラスアルファの部分は、家庭でやってよね、ってことなんでしょうね。

おすすめ漢字教材

ちょっと学校の宿題について愚痴りましたが、家庭でできる、「漢字が苦手な子向け」の勉強を考えていきたいと思います。

小学漢字 1006字の正しい書き方

サイズも文庫本ぐらいの大きさで、値段も648円とお手軽価格です。「あれ?この漢字の書き順どうだったかな?」という時、サッと調べられるのでとても便利です。