2年ほど前に「小学生でテストで100点とるのは当たり前なのか?」というテーマで記事を書きました。

参考記事:小学生のうちは100点が当たり前って本当?

その時の結論は、「高学年になるとテストも難しくなるらしい」というものだったんですが、2年たった小学5年生の今、子供のテストはどういう状況なのか書きたいと思います。

スポンサーリンク

公立小学校の業者テスト簡単すぎじゃね?

長男は今、小学5年生になりました。

以前よりケアレスミスも減り、「なんでこんな間違いするのーー?」って回答も殆ど見ません。

テストは100点が多いです。

ただ、唯一苦手なのは漢字

長男は「コツコツ」が苦手なので、最近習った漢字は覚えていても、1年前とか、数か月前に習った漢字になるとかなり抜けがあります。

漢字だけのテストだと、60点台とか取ってきます。ヤレヤレ。

でも、漢字以外のペーパーテストはほぼ100点です。

直近で習った漢字は覚えているらしいので、普通のテストの漢字はできるんですよね。

で、公立小学校のテストってやっぱり簡単

5年生になったら難しくなるのかと思いきや、穴埋め問題などは、「この中から選びましょう」っていう感じですでに語句が書いてあるので、勘のいい子供ならだいたい分かると思います。

業者(テストの会社)によっては、難しいのってあるのかな?

子供の成績のレベルが分からん…

テストで100点取ってきたら、とりあえず授業の内容は理解しているということは分かりますが、子供のレベルはよく分かりません。

「100点なら良し!」っていう考え方もあると思いますが、テストを見る限り、内容がやっぱり簡単なんですよね。

「100点が何人いました」っていうのは、時々先生が教えてくれるようですが、私としては100点が何人いたのかよりも、平均点が知りたいんですけどね。

平均点は教えてもらえないようです。

学校の先生に「このテストの平均点は何点ですか?」って聞くのも、毎回聞くわけにもいかないですしね。(小学校のテストってしょっちゅうあるので)

だから、価値のある100点なのか、なんなのか、さっぱりです。

子供の返事から想像する限り、100点は人数的に多くはなさそうですが、平均点はけっこう高いんじゃないかなと思います。

四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてみた

学校のテストではよく分からないので、四谷大塚の全国統一小学生テストを受けています。

このテストは、中学受験をするような子は受けないらしいので、上位層はいないと思った方がいいらしいですね。

でも、逆に「勉強に興味なし」というご家庭も受けないでしょうから、偏差値はだいたい正しい(全国でみた偏差値)と思っていいのかなと思います。

直近の4科目の偏差値55。

まあ、クラスでもそんなもんかなって気はします。

小5の家庭学習、どうする?

私はこうやって、ブログに子供の勉強のことを書くぐらいなんで、わりと子供の勉強をみるのは好きなんです。

が!!

自分の子供ってホント思い通りに行かないんですよねー。

教えて泣かせたこと多数…。

特に長男は気難しく、親子のバトルもしょっちゅうです。(最近は長男も大人になってきて、ずいぶんバトルは減ってきました。)

潔く塾に入れればいいのかもしれませんが、塾高いですからね。

どうにかして「親がフォローできるうちは家で面倒みたい。」と思っていたんですが、もうすぐ6年生ということもあり、年明けから塾に入れようと思います。

第一候補は、大手の学習塾。

でも、授業料が高いのと、遠いから送迎が必要というダブルパンチ(表現が古い!)で却下。

結局、歩いて行ける、近所の個人の小さな学習塾に決めました。

お授業スタイルではなく、個別スタイルのようで、どんなふうに進んでいくのか、今一つ不明なんですが、まあ、安いし近いからいいかー!と。(;^ω^)

まとめ

公立小学校のテストで100点取ってても、全然安心できないなーと思います。

いや、コツコツタイプのお子さんだったら安心だと思うんですけど、うちの子はコツコツできないタイプ…。

「中学に入ったら、コツコツやってる人には叶わないんだからね!」って話しているけど、全く理解してない様子。

私のいとこの子供が都会に住んでいて、中学受験の話をしてくれたんですが、全く世界が違いました。世の中にはめちゃくちゃ勉強してる小学生がいるんですね・・・。しかもいっぱい。

そんなに勉強している子供たちに、大学受験でうちの子が対等に戦える気が全くしない!!
(´Д`)

スポンサーリンク