女性は男性と比べると便秘の人が多いですよね。

妊娠すると、今までは便秘体質ではなかった人も便秘になりやすくいので、もともと便秘がちだった人は「さらに便が出にくくて苦しい」という妊婦さんも多いようです。

私も便秘で妊娠前からコロコロうんちが多いタイプでした。妊娠中は当然のごとく便秘…。
便秘の辛さ、分かります~。

  • どうして妊娠したら便秘になりやすの?
  • 何日ぐらい出ないと病院に行った方がいい?
  • 便秘薬に頼らない方法は?

などをお伝えします。

スポンサーリンク

何日間ぐらい便がでなくても大丈夫

2~3日に1度はお通じがあれば、そんなに気にする必要はありません。

ただし、

  • 1週間以上便が出ない
  • 便が便が硬くてなかなか出ない

という場合は、産婦人科の先生に相談し、妊婦さんでも飲める便秘薬を処方してもらいましょう。

どうして妊娠中は便秘になりやすいの?

便秘になりやすい理由1.黄体ホルモンの増加

妊娠中は、妊娠を維持するために黄体ホルモンが増加します。

この黄体ホルモンの影響で腸の働きが低下し、便秘になりやすくなります。

便秘になりやすい理由2.腸が圧迫される

妊娠によりお腹が大きくなると、それにつれて子宮が上を圧迫します。それにより腸の動きが妨げられます。

便秘になりやすい理由3.運動不足

妊娠中は、

  • つわりで具合が悪く、あまり動けない
  • 体がきついので運動不足

という状況になりがちです。

動かないことで腹筋が弱くなり、腸の活動も低下します。

妊娠中の便秘・即効性のある解消法は?

妊娠中は、できれば薬を飲みたくないですよね。

その場合、即効性があるといわれているのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は善玉菌のエサになるので、オリゴ糖を摂取することで「善玉菌優勢」になり、腸内環境が整ってきます。

また、オリゴ糖自体が胃や小腸で吸収されないので、そのまま大腸まで届き、便がかさましされ、排便サイクルが早くなります。

オリゴ糖で妊娠中の便秘を根本的に解決!腸内環境を整える

妊婦さんが便秘を予防するには…

便秘の予防法1.食物繊維をとる

便秘に食物繊維がいいのは有名ですよね。

だだ、一つ注意点が。食物繊維は

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

の2種類があります。

何日も便が出ない場合は「水溶性」の食物繊維をとりましょう。

関連記事:

水溶性の食物繊維を含んだ食べ物は、

山芋、オクラ、ごぼう、アボカド、海藻類、バナナ、納豆、海藻類などです。

便秘の予防法2.規則正しい生活をする

便秘の予防には、規則正しい生活が大切です。

朝起きたらきちんと朝食をとりましょう。

また、決まった時間にトイレに行くようにすると体がリズムを覚えてきて、同じ時間に便が出るようになります。

便秘の予防法3. 適度な運動

妊娠経過が順調であれば、

  • 妊婦体操
  • ウォーキング
  • マタニティースイミング

どの運動をお勧めします。

骨盤付近を動かすことで、朝の動きが活発になり、便秘が予防できます。

便秘の予防法4. 水分を多くとる

腸の動きが活発になる朝に、冷たいお水をコップ1杯飲むことで、腸の動きを促します。

また、白湯を飲むのも効果的。胃腸を温め血行を良くすることで便通を良くします。

1日2ℓを目安に水分をとるといいでしょう。

オリゴ糖で妊娠中の便秘を根本的に解決!腸内環境を整える

スポンサーリンク